銀歯・歯の黄ばみが気になる|審美歯科・ホワイトニング

銀歯が気になる方へ

美しく自然な白さの歯は健康的なイメージを与えます。以前、治療で入れた銀歯が気になっていませんか? 楽しく、大きな口を開けて笑うと見えてしまう銀歯を白い素材に変えませんか?

小田急線「小田急相模原駅」徒歩3分の歯医者「松ヶ枝歯科クリニック」の審美歯科治療では自然な透明感で周囲の歯になじむ美しい素材をご用意しています。また、金属素材を使用しないメタルフリー治療を推奨していますので、金属アレルギーが心配な方にも安心して治療を受けていただけます。

セラミックのメリット

セラミックのメリット

歯科治療には保険診療と自費診療があります。自費診療には、保険診療では選べない高品質で耐久性に優れた安全性の高い素材、セラミックがあります。当院がセラミックをおすすめする理由は以下の特性があるからです。

  • 透明感があり、天然歯のような自然な白さがある
  • 変色や劣化がしにくい性質
  • 保険診療で使用する銀歯やレジンに比べて耐久性に優れている
  • 金属を使用していないためアレルギーの心配がなく健康を害さない

当院では保険診療、自費診療にかかわらず、拡大鏡を用いた精密治療を行っています。そのため接合性がよく、高品質な詰め物、被せ物をご提供することができるようになりました。審美歯科治療は、自費診療のため、治療費は多少高価になりますが、その分、耐久性や審美性などたくさんのメリットがあります。当院では、機能性に優れ、美しく自然な白い歯がより長く維持できる自費診療素材をおすすめしています。

当院の取り扱い素材

オールセラミック
オールセラミック 天然歯に近い自然な透明感や白さを再現できます。歯との間に隙間ができにくいことから、虫歯が再発しにくい素材です。
ジルコニア
ジルコニア ジルコニアは人工ダイヤモンドの原料でもあい、審美性、強度ともに大変優れた素材です。現在、審美治療に使われている素材の中でもっとも高品質であると言われています。
ハイブリッドセラミック
ハイブリッドセラミック レジン(歯科用プラスチック)とセラミックを混ぜた素材です。オールセラミックに比べ、審美性はやや劣りますが、価格が手ごろなことや適度な硬さで周囲の歯を傷つけないことなどのメリットがあります。部位によっては健康保険が適応されることもあります。
ゴールド
ゴールド ゴールドは生体親和性に優れていて歯と結合性が高いのが特徴です。そのため虫歯が再発しにくいことやほかの金属に比べると金属アレルギーの心配が低いなどのメリットがあります。しかし、色が歯列になじまないため目立ってしまいます。
メタルボンド
メタルボンド フレームが金属製の被せ物です。金属にセラミックを焼きつけてあるため、金属が透けてしまい、透明感が少し劣りますが、強度があって奥歯に使うことができます。
ファイバーコア
ファイバーコア グラスファイバー製のコアを埋め込み、被せ物を支えます。グラスファイバーは白い樹脂のため透明感があり、弾力性に優れています。そのため咬み合うほかの歯を傷つける心配がありません。
ラミネートべニア
ラミネートべニア 薄いセラミック製の板をラミネートベニアと言います。歯の表面を薄く削って貼り付けます。変色が激しい歯でも白くすることができます。また形もある程度調整ができるため、すきっ歯の改善にも使われます。
ダイレクトボンディング
ダイレクトボンディング 歯の表面にレジンを貼り付けます。健康な歯を削る必要がなく、天然歯のような自然で美しい白い歯を再現できます。セラミックに比べ耐久性に劣りますが、比較的簡単に修復が可能です。
審美歯科治療を受ける前に

審美歯科治療を受ける前に

最近ではおしゃれの一部として歯の美しさにこだわり審美治療を希望する方が増加しています。白く整った歯は健康的で清潔感があり人気です。技術も年々向上し、歯科医療分野でも注目されています。

審美歯科は口腔内が健康だからこそ実現ができる治療だと言えます。スムーズな治療を行うために、次のようなことに気をつけましょう。

merit 01
虫歯や歯周病はあらかじめ治療しておく必要があります。
merit 02
咬み合わせも大切です。歯科医院で事前にきちんとチェックしてもらいましょう。
merit 03
事前のカウンセリングがしっかりと受けられる歯科医院を選びましょう。

料金表

前歯の被せ物
硬質レジン前装冠 5,000円~6,000円
ハイブリットクラウン 50,000円
メタルセラミッククラウン 80,000円
オールセラミッククラウン 120,000円
クラウン(臼歯の被せ物)
銀の被せ物 3,000~4,000円
金の被せ物 50,000円
ハイブリッドクラウン 50,000円
メタルセラミッククラウン 80,000円
インレー(部分的な詰め物)
銀の詰め物 2,000~3,000円
ゴールドの詰め物 40,000円
ハイブリット 35,000円
セラミック 50,000円
支台(歯の土台)
銀の土台(メタルコア) 1,000円未満
金の土台(ゴールドコア) 15,000円
ファイバーコアポスト 15,000円

※料金は税抜き価格です。

気になる歯の黄ばみを落として、自信を持って笑いましょう

歯の着色汚れ、気になりませんか?

歯が黄ばんでしまう原因はいろいろ考えられます。黄ばんだ歯は不潔に見えたり、実年齢より上に見られたりすることがあります。当院ではホワイトニングで若々しく清潔な白い歯を取り戻すお手伝いをしています。

歯が黄ばむ原因

歯はいろいろな原因で黄ばんでいきます。心当たり、いくつありますか?

加齢による黄ばみ 加齢とともにエナメル質は摩耗し薄くなることで象牙質の色が見えるようになり黄ばんだような印象を与えます。
飲食物による着色 色の濃い飲食物(コーヒーや紅茶、赤ワイン、カレーなど)を好んで食べる習慣があると、その色素が歯に移り着色汚れとなります。毎日のブラッシングでもなかなか落ちず、黄ばんでしまいます。
喫煙による汚れ タバコを煙に含まれるヤニが歯にこびりつき、黄ばみの原因になります。
虫歯による変色 虫歯は歯を黄ばませ、神経が死ぬと黒ずみます。また、根管治療も歯の黄ばみの原因となります。
薬剤による黄ばみ 抗生物質の中には歯の黄ばみの原因となるものがあります。また、妊娠中に母親がそれらの抗生物質を服用すると胎児の歯が黄ばむこともあります。
ホワイトニングとクリーニングは違うもの?

ホワイトニングとクリーニングは違うもの?

クリーニングとホワイトニングは同じものと思っている方がたくさんいらっしゃいますが、本質的に違うものです。クリーニングは毎日のブラッシングでは落としきれない汚れやプラーク、歯石を歯科衛生のプロがきれいに取り除きます。歯の表面や歯と歯ぐきの間の汚れを取り除くので若干白くなります。一方ホワイトニングは歯の黄ばみそのものを落とし、歯本来の白さを取り戻す方法です。

ホワイトニングは見た目の美しさなど審美的な要素が強く、クリーニングは虫歯や歯周病を予防する目的で行われます。

>>予防歯科についてくわしくはこちらへ

当院のホワイトニングメニュー

当院のホワイトニング施術には、ご自身でお好きなタイミングで行う「ホームホワイトニング」と「オフィスホワイトニング」の2種類があります。

ホームホワイトニング
ホームホワイトニング 自宅で自分のスケジュールに合わせて行うホワイトニングです。低濃度の薬剤を使用するため刺激が少ないです。毎日数時間欠かさず施術しなければなりませんが、その分、白さが持続します。マウストレイに慣れるまで違和感があること、効果を実感するまで少し時間がかかるなどの注意点があります。
料金 30,000円(2週間分)
2回目以降からジェル1本2,100円
オフィスホワイトニング
オフィスホワイトニング 歯科医院で処置を行います。短時間ですぐに効果を実感できます。また、色戻りが早いことや通院しなければならないため負担が大きいこと、高濃度の薬剤をしようするため刺激が強いことなどの注意点があります。
料金 30,000円(2回セット)
2回目以降から1回13,500円

※料金は税抜き価格です。

ホワイトニング対象外になるケース

ホワイトニング対象外になるケース

ホワイトニング施術では、以下に当てはまる場合にはホワイトニングではなく、審美歯科治療をおすすめします。

merit 01
差し歯や神経のない歯は白くなりにくいです。また重度のテトラサイクリンの方も同様です。
merit 02
胎児(赤ちゃん)に影響する危険性がある妊婦さんや授乳中の方、また、歯が成長中である18歳未満の方はホワイトニングできません。あらかじめご了承ください。
merit 03
ホワイトニングは前歯12本、中奥歯8本のみが対象です。奥歯はできません。
merit 04
希望の白さにするために数回の施術が必要となる場合があります。