子どもの歯が心配|小児歯科

子どもの歯を守るために

小田急線「小田急相模原駅」徒歩3分の「松ヶ枝町歯科クリニック」の小児歯科では、子どもが歯医者に恐怖心や不安を感じずスムーズに治療が受けられるよう、いろいろな工夫をしています。嫌がるときは無理に押さえつけて虫歯の治療したりすることはしません。お子さん自ら口を開け、中を見せてくれるようになるまでじっくりと時間をかけ信頼関係を築く努力をしています。また、歯の健康を考え、早期治療や予防にも取り組んでいます。

歯医者からお子さん、お母さんへ

はじめて はいしゃさんにかよう おこさんへ

はじめて はいしゃさんにかよう おこさんへ

はいしゃさんが きらいですか? いままでに こわい おもいを したことがありますか?

「まつがえちょう しか くりにっく」では いやな ちりょうを むりやりしません。むしばきん から みなさんの たいせつな はを まもるために おくちのなかを みます。

はじめて はいしゃさんにかよう おこさんへ

わるいところが よくみえるように おおきなおくちを あけてくださいね。むしばを みつけてもすぐにいたいことや、はを けずること はしません。こわいこと、ふあんなことがあったら どんなことでも せんせいに おはなし してくださいね。せんせいと いっしょに おくちの びょうき を なおして いきましょう。

お子さんをお連れになるお母さん、お父さんへ

お子さんをお連れになるお母さん、お父さんへ

「松ヶ枝町歯科クリニック」では、すべての患者さんにわかりやすく治療の内容を説明しています。それはなによりも患者さんとの信頼関係を大切にしているからです。それはお子さんも同じです。大人でも歯医者が苦手だったり、初めての来た歯医者に戸惑ったりする方はたくさんいらっしゃるでしょう。お子さんならなおさらです。

当院ではお子さんを無理やり押さえつけて治療したりすることはありません。無理に治療を進めると来院のたびに恐怖心が植えつけられ、歯医者嫌いになってしまうからです。まずはブラッシング器具に慣れてもらうことから始め、回数がかかっても自分から口を開いて見せてくれるようになるまで信頼関係を築いてから治療を開始します。注射は子どもにとって恐ろしいものです。注射針のない麻酔器で粘膜の感覚がなくなってから注射を打ち、痛みや負担をできるだけ軽減する治療を提供します。

お子さんをお連れになるお母さん、お父さんへ

また、日ごろの生活において、子どもを叱るときに「悪い子は歯医者さんに連れて行くよ!」などという言葉は使わないでください。歯医者は怖いところではなく、大切な歯を守るってくれるところだということをお子さんに教えてあげてほしいのです。そうすることで、スムーズな治療を行うことができます。お子さんにとってお母さん、お父さんの言葉はとても大きな影響力があります。ぜひ、ご協力くださいますよう、お願いします。

歯医者嫌いにさせないためにご家庭でできること

歯医者嫌いにさせないためにご家庭でできること

乳歯を虫歯から守り健康を維持することは、一生使い続ける永久歯の健康を保つためにとても大切なことです。いつか生え変わるから……と乳歯のトラブルを放置しないでください。

お子さんの歯を虫歯から守るには、早期発見・早期治療だけでなく、予防にも力を入れなければなりません。そこで大切なのは定期検診です。小さいうちから定期的に歯科医院へ通院することは80歳での残存歯数にも大きな影響を与えます。いつまでも自分の歯でおいしく食事ができるようにするために、今できることは歯医者嫌いな子どもに育てないことです。

歯医者が嫌いな子は、歯が痛くてもすぐに歯医者に行きたがりません。すると治療が遅れ、虫歯や歯周病はどんどん進行します。小さな歯は虫歯菌に侵され溶けてしまい、歯を失ってしまうこともあります。

歯医者嫌いにさせないためにご家庭でできること

スムーズに治療を受けられるようにするためにご家庭でどのようなことができるでしょう? それはちょっとした工夫と親御さんの接し方がポイントになります。すぐに歯医者を好きになるのは難しいでしょう。しかし、根気強く続けていくことで子どもの心を少しずつ変えていくことができるのです。

来院をする前にできること
来院をする前にできること
子どもを叱るときに「歯医者さんに連れて行くよ!」という言葉を使わないでください。歯医者さんは怖いところだと心に刻まれてしまいます。 「見てもらうだけだから」とか「痛くないから」と嘘をつかないでください。その言葉を信じ、治療で痛い思いをしたら不信感を抱いてしまいます。来院前には事実を伝え、治療がなぜ必要なのか子どもにもわかるように優しく伝えてあげましょう。 子どもの機嫌のいい時間帯に治療に来てください。眠くて機嫌が悪くなるお昼寝の時間帯や、空腹時などは避けたほうがいいでしょう。治療は子どもにも負担がかかります。なるべく負担を軽減するために時間帯を選びましょう。
歯科医院でできること
歯科医院でできること
「痛い」ことを必要以上に意識してしまうため「痛くない?」と聞くのはなるべく避けましょう。 お母さんの緊張はお子さんに伝わってしまいます。大好きなお母さんはいつでもリラックスして笑顔で接してあげてください。その笑顔にお子さんは安心します。
治療後にできること
治療後にできること
治療中、嫌がったり、泣いたりしても叱らないでください。「次は上手にできるかな」と優しく声をかけてあげましょう。自宅でもお母さんの膝枕でお口を大きく開ける練習をすると次の治療につながります。 頑張って治療ができたときにはしっかりとほめてあげてください。子どもは自信を持ち、治療に対して積極的になります。

小児歯科の予防メニュー

当院の小児歯科では様々な予防メニューを用意しています。定期検診では予防に取り組み、虫歯など早期発見することができます。重度の虫歯になると大きく歯を削り、銀歯などの詰め物で補わなければなりません。銀歯は金属アレルギーの原因にもなりますし、見た目にも目立ちます。子どもの歯の健康、全身の健康のため予防は大切です。

ブラッシング指導
ブラッシング指導 小さいうちからブラッシングの習慣を身に着けることはとても大切です。お子さんに正しいブラッシング方法を指導すると同時に親御さんにも指導させていただきます。自分できちんとブラッシングできるようになるまで(小学校高学年あたりが目安です)、仕上げ磨きをしてあげてください。
シーラント
シーラント 生えたばかりの奥歯には深い溝があります。毎日、ブラッシングをしても溝には食べかすが残りやすく、虫歯になりやすい環境です。乳歯はもちろん、初めての永久歯でもある6歳臼歯を虫歯から守るために、レジン(歯科用プラスチック)を溝に詰め、ブラッシングしやすくします。
フッ素塗布
フッ素塗布 初期の虫歯は自然治癒の可能性があります。そのため、フッ素を塗布し歯の石灰化を促します。フッ素は定期的に塗布しましょう。歯の表面のエナメル質の強化につながります。
過剰歯の抜歯
過剰歯の抜歯 通常、生えないはずの歯を「過剰歯」と言います。過剰歯を放置すると歯並びに悪影響を与えたり、永久歯がまっすぐに生えなかったりします。歯の状態を見て必要なら抜歯をしなければなりません。

子どもの歯とクセが気になったら

子どもの歯とクセが気になったら

歯並びは遺伝的な要素が強く出ます。しかし、子どもの骨格は柔らかく、遺伝以外のことでも影響を受けやすいと言えます。無意識に行ってしまうクセもその一つです。口元のクセは歯並びや咬み合わせを乱す原因になることもあります。気になるクセがあるときは早めにやめさせてあげることをおすすめします。

指しゃぶりをする タオルなど咬む 爪を咬む 唇を咬む
指しゃぶりをする タオルなど咬む 爪を咬む 唇を咬む
乳児は指しゃぶりをするものですが、5歳を過ぎてからの指しゃぶりは歯列を乱し、出っ歯の原因になることがあります。 出っ歯の原因になったり、上下の歯が咬み合わなくなったりすることがあります。 歯や歯ぐきに負担がかかります。歯が移動してしまい、咬み合わせが乱れます。 上唇を咬むクセがあると受け口になりやすく、下唇を咬むクセがあると出っ歯になりやすくなります。
ほおづえをつく 口呼吸をする 舌のクセがある 食べ物を丸のみする
ほおづえをつく 口呼吸をする 舌のクセがある 食べ物を丸のみする
ほおづえは顎に過剰な負担がかかります。そのため顎関節や顎の骨がゆがむこともあります。 常に口呼吸をしていると舌の位置が安定せず、歯並びが乱れます。 舌で歯を押すクセは歯列の乱れにつながります。 食べ物をよく咬んで食べないと顎が成長しません。消化にも悪くからだに栄養が取り込まれにくくなります。

歯並びが気になったら矯正歯科へご相談ください。歯列矯正を始めるタイミングは一人ひとり違います。まずはお口の中の状態を診察し、必要に応じて矯正のご案内をいたします。