親知らず・顎が痛い|口腔外科

気になる親知らずの悩みを解消しましょう

奥歯のさらに奥に生えてくる親知らず。狭いスペースに無理に生えてくることが多く、曲がったり、横向きになったりして隣の歯を押し、咬み合わせを乱すことがあります。また、ブラッシングがしにくいため、汚れが残りがちとなり、虫歯や歯周病になるリスクもあります。親知らずのことで気になることがあれば、小田急線「小田急相模原駅」徒歩3分の「松ヶ枝町歯科クリニック」へお気軽にご相談ください。

親知らずについて

親知らずについて

親知らずは奥歯のさらに奥に生えてきます。しかし、十分なスペースがなく、まっすぐに生えず、痛みや腫れを感じることがあります。またブラッシングしにくい場所ということもあって虫歯や歯周病になりやすい歯です。横向きに生えてきてしまうと強い力で歯列を押すため歯並びが乱れることもあります。

親知らずはトラブルの原因となりやすく、状態によっては抜歯したほうがいいこともあります。まずはお口の中を検査し、親知らずの状態をみてからベストな処置をご提案します。

親知らずは抜いたほうがいいの?

親知らずは抜歯したほうがいいと考えられがちですが、親知らずの状態によって抜かずに残すこともあります。症例によっては専門の提携医院をご紹介いたします。

>>提携医院のご紹介

抜歯したほうがいい場合

抜歯したほうがいい場合

  • 曲がって生えてきてしまい、ブラッシングがしにくく汚れが残ってしまう
  • 虫歯や歯周病になってしまった場合
  • 隣の歯が虫歯や歯周病になってしまった場合
  • 強い力で隣の歯を押してしまい、歯並びに悪影響が出ると考えられる
  • 激しい痛みがあったり、腫れていたりする
抜歯しなくてもいい場合

抜歯しなくてもいい場合

  • 正しい向きでまっすぐに生えている
  • ブラッシングが行き届き、汚れを落とすことができる
  • ほかの歯に干渉せず、歯並びを乱さない
  • 歯ぐきの中にあるためトラブルを引き起こしていない

気になる咬み合わせはご相談ください

咬み合わせが乱れると虫歯や歯周病になりやすくなるだけでなく、顎関節症や頭痛、腰痛、更年期障害など様々な体の不調をもたらす原因になります。特に、顎関節症にはなりやすく、放置すると口が大きく開かなくなります。気になる咬み合わせは当院へお気軽にご相談ください。

当院の治療方法

当院の治療方法

当院ではスプリント療法で顎関節症の治療を行っています。スプリントとはマウスピース型の治療装置です。患者さんのお口に合わせて作製して、装着して就寝。歯ぎしりや食いしばりを防ぐことができ、顎への負担を軽減させ顎関節症を改善させます。

咬み合わせが気になったら放置せずに早めにご相談ください。

咬み合わせが乱れることで生じるトラブルについて

咬み合わせが乱れることで生じるトラブルについて

咬み合わせが乱れるとお口の中のバランスが崩れるだけでなく全身のゆがみにもつながり、健康に悪影響を与えます。

口腔内では虫歯や歯周病をはじめ、歯ぎしりや口臭、顎関節症などになりやすく危険です。また、口呼吸になったり、睡眠時無呼吸症候群になったりすることもあります。

筋肉や骨にも影響があり、関連がないように考えられがちな頭痛や肩こり、腰痛につながるリスクも。そのほか、口や顎など顔面のゆがみや体のゆがみである猫背になることもあります。自律神経を崩すこともあり、手足のしびれやむくみ、めまい、耳鳴り、便秘、高血圧、不整脈、自律神経失調症などあらゆる部位に異変を感じます。生理不順や更年期障害を引き起こすこともあるため、女性の方は特に注意が必要です。

最近、ストレスに過敏になっているな、と感じたらそれはもしかすると咬み合わせが乱れているせいかもしれません。お気軽にご相談ください。

顎が痛い、口を開けにくいと感じたら顎関節症かもしれません

咬み合わせが乱れると様々なトラブルが引き起こされます。その中でも顎関節症になってしまう患者さんの数は多く代表的なものと言えるでしょう。顎関節症とはどんな病気なのか、ご存知でしょうか?

こんな症状が出ていませんか?

こんな症状が出ていませんか?

口が大きく開けることができない、また開け閉めすると痛みを感じたり、カクカクと音が鳴ったりすることもあります。硬い物を食べると痛んだり、咀嚼(そしゃく)や会話をしていると顎に疲れを感じたりします。

原因はこんなところに!?

原因はこんなところに!?

歯ぎしりや食いしばりなど熟睡中に無意識に行っているクセが原因になっている可能性があります。どちらも歯や顎に大きな負担をかけます。食いしばりは昼間のストレスが原因という説もあります。

また咬み合わせが乱れると顎に負担がかかり、関節症を引き起こしやすくなります。歯を失ったのに治療せず放置してしまった、歯科治療の際、左右の高さがずれたまま、治療が終わってしまったなどその原因はいろいろ考えられます。

そのほか、交通事故やスポーツなどで強くぶつかり強い衝撃が加わったり、硬い食べ物を咬んだりすることで顎関節に負担がかかってしまい、顎関節症になることがあります。